Goingの効果

Goingは通販サイトのstmx(=男性・女性の性の悩みを解決する商品を多く取り扱っている大手サイト)で売り上げランキング1位を獲得した精力剤です。

流行のステルスマーケティングで取り上げられていなかった商品だけに、このランキング1位という事実には多くの人が驚くと同時に、それまでは知る人ぞ知る精力剤だっただけに愛用者からは「他の人にも知られちゃったかあ。内緒にしときたかった」という声が出てきたという珍しい精力剤です。

これだけ人気がある理由は口コミやレビューで着実とファンを増やしていった結果で、Goingの効果にはかなり期待できるということの証左でもあります。

男性ホルモンの分泌量増加にばかり着目されがちですが、Goingではそれ以外にも滋養強壮作用にも効果が望むことができます。
つまり、海綿体(=男性器)が服用前より刺激に敏感な状態になるということであり、継続して服用し続けることで男性器の成長が見込めるということです。

ED治療薬としても効果が期待できる

この男性ホルモンの分泌量増加と滋養強壮効果はEDの改善には欠かせない要素であるため、GoingはEDの特効薬として支持されています。

EDについてはこちらで詳しく説明しています。

男性ホルモンは40代をピークに急激に衰え、60代になる頃には20代の頃の10分の1しか生成されなくなります。
この男性ホルモンは勃起力・勃起回復力・勃起持続力に大きく関係します。
男性ホルモンが多いときのペニスは勃起しやすく、勃起が長持ちしやすく、たとえ射精したとしても再び勃起するまでの時間が早くなります。

しかし、男性ホルモンが欠乏してくると勃起しづらく、中折れするようになり、射精したらしばらくの間は勃起しなくなります。

Goingはこの欠乏した男性ホルモンを再び若い頃――たとえば毎日痛いくらいに朝勃ちしていた頃まで取り戻すことに大きく期待することができます。

そのため、「最近勃ちが悪いな……」と感じてきたらGoingを服用してペニスを活性化させましょう。

関連する記事