一番良いペニス増大法とは

ペニスサイズの大小は男の魅力と女性からの行為の振れ幅に直結します。

しかし、ペニスの成長は身長と同じく成長期を終えると止まってしまうと思っている人は存外に多く、そういった人は自身のペニスサイズに諦めを感じています。

しかし、ペニスは成長期を終えても大きくすることが可能です。

ペニス(=陰茎海綿体)は身長のように骨の成長で大きくなるものではありません。

たとえるならば筋肉や脂肪のようなもので、適切な運動をしたり必要な栄養素を取り込むことで後天的にいくらでも大きくすることができるものです。

そのため、20代後半から大きくすることは勿論、50代からでも努力すれば大きくすることが適います。

これは医学的にも証明されており、様々な成長データがあることから机上の空論ではないことも証明されています。

そして、陰茎を増大させるための方法は数多くあります。

そのため、ペニスサイズを大きくして男としての自信と魅力を身につけましょう。

ペニス増大方法

主な陰茎増大法は以下の通りです。

精力剤を服用

これはペニスの細胞や血管の機能を向上させることで、ペニス増大をはかるという方法で、一番有名な陰茎増大法です。
値段もお手頃なものが多いですが、粗悪品も多いので当サイトや口コミサイトでめぼしい商品を見極めることをオススメします。
ゼクノリンやゼファルリンが代表的なペニス増大系精力剤です。

トレーニングまたはエクササイズ

通常時や勃起時のペニスに適切な刺激を与えつつ、伸ばしたりすることでペニス増大を狙う方法で、かなり昔からある方法です。
その中でも特にジェルキングと呼ばれる方法は色々な地方・民族にも伝わっている方法で、世代や人種をこえて今なお受け継がれている伝統と信頼あるペニス増大法です。

ペニス増大器具

これはペニスを伸長させた状態で固定し、その状態からの細胞分裂でペニス増大を狙う方法です。
お手軽ですが、ペニスを痛めることがあるのでこの方法を行う時は注意してください。

ペニス増大手術

これは美容形成外科手術でペニスサイズを増大させる方法です。
上野クリニックや本田ヒルズタワークリニックなど男性の性の悩みをメインに取り扱っている病院で確実に受けることができます。
「長茎術」と呼ばれるペニスサイズを大きくする手術や、「亀頭増大術」と呼ばれる亀頭のサイズのみを逞しくする手術があるので自分の理想のペニスを形作ることができます。
確実性がある反面、ペニスを傷つけてしまう恐れがあることと手術費用は決して安くはないことも知っておく必要があります。